ボーンアイデンティティを見ました。 | 静岡県富士市のホームページ制作なら|SEQUENCE

ホーム > ブログ > ボーンアイデンティティを見ました。
Blog
ブログ

ボーンアイデンティティを見ました。

記憶が無くなっていたらみなさんどうしますか?

断片的にしか記憶が残っていなくて、朝起きたら自分の名前もわからない。
体には傷があり、金庫には大量のパスポートとお金と銃が入っています。
意識してないのに、逃げ道の経路を確認したり、相手の力を見てしまったりと
どうしてそんなことを無意識にしてしまうのかと気になりますよね。

自分が誰で、どんな人間か誰でも記憶を取り戻そうとすると思います。

実は、CIAのエージェントの彼は任務に失敗し、瀕死の怪我を負って記憶を失ってしまいました。
組織は彼が逃げ出したと思い、情報の漏洩を恐れ、何をするかわからないので
一流の殺し屋を何人も送り込みます。

しかし、彼はエージェントの中でも特別な教育を受けており
一番優れたエージェントでした。
もちろん、送り込まれた刺客も凄腕の人たちばかりなんですが
確実に僕は秒殺されます。
そんな相手でも言ん場の状況を誰よりも早く把握し、
敵の裏をかきそんな刺客たちを倒していきます。

とうとう自分の所属していたところがわかります。
敵の本拠地に乗り込み彼は
「自分をもう追うな」
と警告します。
厳重な警備の部屋のはずが、彼にかかると一瞬で無意味になってしまいます。
まさか、入り込めないと思っていたのに、、、
そこで彼の「元」上司から
自分が、アメリカの研究している人間兵器のようなものだと知らされその計画の一員として
育てられたことを知ります。

彼の名は

ジェイソン・ ボーン

です。

その後は自由を手に入れたエンディングですが、次回作がどう繋がってくるのか見るのが楽しみです。