シンドラーのリストを観ました。 | 静岡県富士市のホームページ制作なら|SEQUENCE

ホーム > ブログ > シンドラーのリストを観ました。
Blog
ブログ

シンドラーのリストを観ました。

オスカー・シンドラーという人物をご存知ですか?
この人物は、第2次世界大戦中のドイツでたくさんのユダヤ人を救いました。

何よりもすごいのは力づくで救ったのではないことだと思います。
ホーロー鍋の商売をしながら大きな富を得たシンドラーは
ナチスの軍部高官や地域のナチス要人に多額の賄賂を贈り
自由に商売できる環境を整えていました。

表向きには強制労働という名目で、ユダヤ人を使い工場を稼働させていました。
しかし、工場内は人権が尊重され、ユダヤ人にとっては過ごしやすい環境になっていました。

元来シンドラーは、金儲けのために安く使えるユダヤ人を使っていたのです。
しかし友人が強制収容されそうになったり、眼に余るナチスのユダヤ人迫害行為に胸を痛め救うことを決意します。

たくさんの賄賂を渡すことで工場内に兵士を入れず、
工員の家族もみんな雇い、戦時中ナチスの手から守るために毅然とした態度で工場を切り盛りしていました。

ですが、戦争も終盤に差し掛かると、ナチスの迫害はひどくなり工場の工員を全員を強制収容所に送られてしまいそうになります。
しかしその全員を賄賂で買取り、私財の全てを投げ打って何百人ものユダヤ人を救いました。

最後の方シーンでは
「この金のバッチ一つ売ればもう一人、いや三人救えたかもしれない」
と泣きながら言っていました。
自分のことは顧みず、一人でも多くの人を救おうとした彼の行いは尊いものだと思います。
彼のお墓には今でも助けてもらった子孫がお参りに来ています。

他人を最優先し、自分のことはいつも最後にする。
当たり前のことですが、仲間を一番大切にしていると胸を張って言える人間たり得るよう
日々精進していきたいと思います。