キーワードプランナーを使ってみよう 1 | 静岡県富士市のホームページ制作なら|SEQUENCE

ホーム > ブログ > キーワードプランナーを使ってみよう 1
Blog
ブログ

キーワードプランナーを使ってみよう 1

今日は、キーワードプランナーを使ってどんなキーワードに

いくらくらいの広告予算がかかるのか?

いくらくらいの予算で1位の掲載ができるのか?

実際に広告を掲載する前に調べてみたいと思います。

スクリーンショット 2014-12-01 4.03.58

まずは、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を使って見たいと思います。

仕事に関する広告はどんなキーワードが適切なのかこれを使って調べられます。

 

 

 

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.19.16

今回は試しに「エステ」というキーワードで調べてみたいと思います。

商品カテゴリーは選択できるので、細かく決まっている仕事の場合はなるべく絞ったほうがいいかもしれません。

 

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.27.05

例えば、こんな感じで入力します。最初は検討もつかないと思いますので、大まかに設定して気になる項目やキーワードがあれば

再度、そのキーワードなどに絞っていくと使いやすいと思います。

そして、「候補を取得」をクリックします。

 

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.30.15

 

このように検索結果が表示されます。まず、「エステ」というキーワードの検索がどのくらいあるのかそのボリュームを見ていきたいとおもいます。

「検索ボリュームの傾向」をクリックすると

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.33.51このように、どんなグラフがあるのかでてきます。やはり最近はパソコンよりもiPhoneやスマホでの検索が気になりますよね。
例えば、「モバイルの動向」をクリックします。

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.32.33緑のバーがモバイルですが、やはりすごいですね8割くらいは、スマホから検索されているようですね。では、実際細かくどれくらいの割合になるのでしょうか?
それは、「デバイス別のデータ」にあります。

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.33.09

このように、「フルインターネットブラウザ搭載の携帯端末」なんか言い方が小難しいですが、つまりスマホやiPhoneから「71.4パーセントで377,924回」の検索がされていますということです。
パソコンからの検索は思ったより少なく「24,7パーセント、130,849回」検索されていて、タブレット端末は、iPadとかですね。
「3,9パーセント、40,417回」検索されていることが一ヶ月の平均として分かります。
タブレットは以外と持っている人がそんなに多くなかったり、検索とかよりも動画見たりとかで使用されている方が多いのかもしれませんね。
やはり、携帯からなんでも調べる時代だというのがよくわかります。

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.33.29

地域別のデータも見ることができます。この表示は都道府県別の表示です。これはターゲット設定の地域が「日本」なのでこのような表示にになります。
インターネットでの販売などのサービスであれば全国の商圏ということになりますが、地域ではどれくらいなのか細かく気になるときはターゲット地域を変更します。

 

 

スクリーンショット 2014-12-01 4.57.15

ターゲット地域を例えば神奈川県にすると、横浜が一番多いとか、市別で細かく出てきます。狙っている人たちに広告をどのように出すのか調べる上で大切な資料です。
神奈川県内で「エステ」と検索されたのは47,870回です。こんなにたくさん一ヶ月で検索されているということは、何回も検索している人がいたとしても興味を持って調べている人に47,870回宣伝するチャンスがあるということです。
ティッシュ配ったりチラシを撒くより効果的だと思いませんか?
広告を上手に出せたらどんな仕事でも人を集められるのですから成功しないはずはありません。
上手に広告戦略をできるようにもっともっと勉強していきたいと思います。

また明日から、このプランナーの使い方が面白いので続きを勉強していきたいと思います。

おやすみなさい。