アドワーズ勉強記録 5 | 静岡県富士市のホームページ制作なら|SEQUENCE

ホーム > ブログ > アドワーズ勉強記録 5
Blog
ブログ

アドワーズ勉強記録 5

ローカルマーケティングの概要

実際の店舗を運営している場合などは、ターゲットユーザーが最も有効な見込み顧客になります。インターネット経由で地域の顧客にアプローチする、ローカルマーケティングを行えば、高い費用対効果でビジネスをアピールすることができます。オンライン広告を利用してローカルマーケティングを行い、地域の顧客にアプローチすることが大切です。
通常のローカル広告と言いますと地域紙の新聞、チラシ、はがき、ダイレクトメールの他に、バス停の広告や看板など、こうした広告は地域の住民にビジネスを知ってもらうには、有効です。しかしこれらは、明確な数値として、どのくらい効果があるのか知ることは困難です。そこで、もっと効率良く、効果的な、ローカルマーケティングは何かと言いますと、オンライン広告です。消費者のおよそ70パーセントが、近隣の店舗や拠点などのオフラインで商品やサービスを購入する時、事前にオンラインで情報を集めています。つまり、毎日、数百万人のユーザーが数十億件の商品やサービスを検索しているということになりますから、オンラインには、チャンスがたくさんあることになります。
このチャンスを生かすには、地域の見込み顧客をターゲットにするインターネットのローカルマーケティングが有効な手段です。地域ユーザーにアプローチするには、様々な手法があります。
グーグルによるとユーザーのおよそ97パーセントが、地域の商品やサービスに関する情報をインターネットを利用して収集しています。ですから検索エンジンを活用した広告を使えばユーザーに的確な広告を、必要とするユーザーに出すことができます。
方法は検索結果のページに商品や商品の情報を表示するには、2つの方法があります。一つにはグーグルのローカルリスティング、グーグルプレイスです。グーグルプレイスを活用するとグーグルマップに情報を表示することができます。商品やサービスを展開している地域で、関連する検索がなされた時に、検索結果のページに表示することができます。
二つ目はオンライン広告を利用する方法です。商品やサービスを展開している地域のユーザーが、それに関わることを検索した時に、検索結果に表示される広告になります。
このように、人が歩く時に目にする広告や新聞の折込などは、意識している時でないと意外と目に止まるものではありませんが、オンライン広告は、関連するものを検索している時に表示されるので、見込み顧客となるユーザーに的確に訴えることができるので効果が高く、さらにクリックされないと料金も発生しないため、効率良く広告を出すことができます。