アドワーズを使いこなすために | 静岡県富士市のホームページ制作なら|SEQUENCE

ホーム > ブログ > アドワーズを使いこなすために
Blog
ブログ

アドワーズを使いこなすために

アドワーズ上級を合格するために勉強しています。最初は簡単に取れるだろうと思っていましたが、なかなか難しいですね。

今日はディスプレイ ネットワークと検索ネットワークの使い分けを学んでいきたいと思います。スクリーンショット 2014-11-25 6.25.10

例えば住宅を販売していたとしますと、既に「家を建てたい」という意識を持っていて、工務店や土地を探している人をターゲットにすることができるのが検索ネットワークの特徴です。
購買意欲が高い人が、その人が欲しがっている具体的な形や重視しているポイントを把握して、商品の魅力を伝えられる点が大きな利点です。
右図は検索ネットワークの広告表示です。

ディスプレイ ネットワークでは、たとえば新生活関連のサイトを閲覧している人に「住宅を買うなら?」「家族を守る家を建てませんか?」と働きかけたり、一度自社サイトで「自然素材の家」のページを見た人に、もう一回木造住宅の写真を見せたり、住宅を建てるの計画を思い出してもらったりすることができます。実際に立てることを検討されている色々な段階のお客様にアピールすることができます。

スクリーンショット 2014-11-25 6.28.01

右の図はディスプレイ広告の表示の一例です。

ディスプレイ ネットワークを含むサイトやアプリは 100 万以上あります。その範囲は世界のウェブユーザーの 89% に達するそうです。

多くのお客様にサービスや商品を知ってもらいたい場合や、購入前の最後の一押しをしたい時など、様々な場面で活用できます。

この 2 つのネットワークのどちらに広告を掲載するかは、キャンペーンごとに選ぶことができます。両方に広告を掲載できるタイプのキャンペーンも作成できますし、検索ネットワーク専用のキャンペーンとディスプレイ ネットワーク専用のキャンペーンを別々に作成することもできます。

どんな広告を誰に表示するかターッゲットを絞ることと、広く見てもらい知ってもらうことの両立を図りながら、広告のスタイルを考えて仕事をさせていただきたいと思います。